【初心者向け】NFTを安く買う方法〜ほぼ確定はCNPを所有しているだけ〜

NFT
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、NFTクリエイター兼コレクターのクロコモ(@kiyoshi73yoshi)です。

NFTって、安く買えたらいいのになぁ……と誰もが思いますよね。

実は、確実にNFTを安く買う方法があるんです。

なぜなら実際に著者は、NFTを安く買うことができています。

もし、あなたがNFTを安く買いたいと思っているなら、この記事をぜひ読んでみてくだだい。そうすれば、NFTを安く買う方法が具体的にわかります。

そして、あなたもNFTを安く買うことができるはずです。

注意
必ず安く買えるという保証があるわけではありませんので、あくまでも参考内容ということをご理解の上で記事を読んでいただけると幸いです。

すぐにNFTを買う準備をする

無料で口座開設できます

NFTを安く買うには?

はじめに、どのようにしてNFTを安く購入するかについてですが……。

結論、CNPを保有することとDiscordに参加するだけです。

なぜなら、CNPを保有しているだけでAL(優先購入権)がもらえる確率が高いからです。

それでは、詳しく解説していきましょう。

CNPを保有する

CNPは、3.2ETH(約55万円)まで価格が上がってきました。(2022年11月13日現在)

確かに、購入するには高くなってしまいましたね。

でも、考えてみてください。CNPは、ここで終わりのプロジェクトではないんです。

まだ、プロジェクトが始まって半年しか経っていないんですよ。

ナルカミ
ナルカミ

CNPは将来、有望銘柄の存在にきっとなるよ

では、ここでGoogleやApple、任天堂などに置き換えて考えてみましょう。

今、みなさんがGoogleやApple、任天堂が創業半年の時点で株を購入できるとしたらどうします。

間違いなく購入しますよね……勝ち組確定です。

著者は、CNPのポテンシャルはこれくらいの期待値で保有しています。

まだの方は、ぜひ「あの時買っておけば」になる前にどうぞ!

>>CNPを買う方法 かんたん4ステップ

格安ミントに参加しよう

CNPホルダーになると格安mintフリーミントという無料でmintできるイベントが定期的にあります。

プロジェクトによってイベントがあるDAOと、イベントがないDAOがあります。

代表的なDAOでいえば、「NinjaDAO」が有名ですね。

Ninja DAOで有名なNFTプロジェクトといえば、時価総額国内No.1のCNPです。

このCNPホルダーになると、とても贅沢なたくさんの特典がもらえます。

  • CNPJ 3体 
  • VLCNP 3体
  • APP 2体

著者は、上記3つのプロジェクトでAL(優先購入権)を申請してmintできました。

現在、この3プロジェクトだけで保有資産は125万円となっています。

元金は、1体約200円ですので、8体で1,600円です。

CNPJの販売が、1番早くて7月中頃でしたので約4ヶ月で合計資産が125万円になりました。
約780倍です。(CNPや他のNFTは含んでいません)

CNPJの販売が1番早くて7月中頃でしたので約4ヶ月で合計資産が125万円になりました。
約780倍です。(CNPや他のNFTは含んでいません)

これ、特に何もしてないんですよ。
CNPを保有して、申請するだけです。

フリーミントやエアドロ、リアル店舗での特典、ふるさと納税などこれからどんどん特典も増えていく予定となっています。

CNPは、1体所有していると将来かなりお得だと思います。現在は、1体55万円ほどに価格は上がってしまいましたが、CNPの将来性を考えたら間違いなく1体持っておこうという市況の流れになっています。

CNPは、1体所有していると将来かなりお得だと思います。

現在は、1体55万円ほどに価格は上がってしまいましたが、CNPの将来性を考えたら間違いなく1体持っておこうという市況の流れになっています。

日本もいよいよ海外の投資家が注目する市場になったきたので、今後ますます値上がりしそうですしね。

繰り返しになりますが、CNPを所有するということはGoogleやApple級の初期に関われる感覚に近いと思われます。

早めにCNPホルダーになることをお勧めします。

>>CNPの買い方かんたん4ステップ

3年連続アプリダウンロードNo.1

コインチェック

  1. 初心者でも使いやすい
  2. スマホアプリが便利
  3. 10分でかんたんに口座開設

※無料で口座開設できます

あとは、NFTプロジェクトの初期から関わる方法になります。

こちらは、NFT初期からコントリビューター(貢献者)になることでNFTプロジェクトがローンチした後に報酬としてNFTを安く購入できる方法です。

それでは、解説していきましょう。

Discod(ディスコード)に参加しよう

Discod(ディスコード)とは

ボイス・ビデオ・テキストコミュニケーションサービス

Discordに参加してみましょう。

通常NFTプロジェクトは、Discordが主な活動拠点になっていることが多いです。

だから、まず自分が興味のあるNFTプロジェクトを見つけて参加してみましょう。

Discordは、主に下記のようなメンバーで運営しています。

  • 設立者(ファウンダー)
  • エンジニア
  • コミュニティマネージャー
  • マーケター
  • 初期から協力するコントリビューター
  • 盛り上げてくれるガヤメンバー

このように、複数の方がそれぞれの役割を把握し分散的に運営している場合がほとんどです。

DAO(ダオ)=分散型自律組織

>>DAO(分散型自律組織)とは?図解で初心者にもわかりやすく解説!

そのほかにも、そのDAOによってそれぞれの役割があり誰からも指示されることなく、各自で動いていくメンバーがいます。

あなたもお気に入りのプロジェクトで積極的に活動して貢献していきましょう。

参加することが大事です。

盛り上げ役でも全然感謝されますよ……。

ギブ&ギブの精神で参加しましょう!

DAOについて、voicyパーソナリティの鳥井弘文さんが言語化されているので必聴です。

>>web3は初期から静かに応援し続けることで、創業メンバーの1人になれる。

OpenSea(オープンシー)でNFTを買う方法

それでは、初心者の方はNFTを買う準備をしましょう。

NFTの買い方については下記の記事でくわしく解説しています。

まとめ

以上、NFTを安く買う方法について解説しました。

  • CNP保有者になる
    他のNFTプロジェクトのAL(優先購入権)やフリーミントのイベントでNFTを安く買うことができる。
  • NFTプロジェクトの初期からDiscordに参加する
    コントリビューター(貢献者)になることで後で、安く買う権利をもらう。

この2つのことを実践するだけで、NFTを安く買うことができるはずです。特にCNPは、将来的には必ず良い結果が出てくるでしょう。

今、日本でNFTを売買されている方は2万人以下です。

今、日本でNFTを売買されている方は2万人以下です。

いわゆる、アーリーアダプター理論でいうところの2.5%のイノベーター中のイノベータです。

イノベーター理論における5つのグループは、新しい商品やサービスの受け入れが早いものから順に以下の通り。

  1. イノベーター(Innovators):革新者
  2. アーリーアダプター(Early Adopters):初期採用層
  3. アーリーマジョリティ(Early Majority):前期追随層
  4. レイトマジョリティ(Late Majority):後期追随層
  5. ラガード(Laggards):遅滞層
引用元:MACROMILL

だから、全然遅くないということがわかっていただけましたよね……。

国内NFTは、まだまだこれからなんです。

すぐにはじめてみる方はこちらをご覧ください。

すぐNFTを買う準備をする

無料で口座開設できます

下記、ビットポイントGMOコインは、メタマスクへの送料が無料です。

BITPOINT

GMOコイン