【初心者向け】MetaMask(メタマスク)ウォレット作成方法【かんたん】

仮想通貨
本ページはプロモーションが含まれています
Kiyoshi

ブロガー&ライター
FP3級|金融メディアで執筆中(仮想通貨 / NFT / メタバース / FX )
Webライターラボ・金融特化ライターマスター講座受講済
投資歴8年(国内株 / 外国株 / 投資信託 / BTC / NIDT )
2022年よりつみたてNISA・ビットコインを積立運用中
初心者の方に向けて仮想通貨などの情報をわかりやすく発信。

Kiyoshiをフォローする

メタマスクってどうやって作るのかわかりやすく教えてほしいなぁ

ナルカミ
ナルカミ

わかりやすく解説していくよ

本記事では、仮想通貨ウォレットMetaMask(メタマスク)のアカウント方法について分かりやすく解説します。

本記事を最後までご覧いただけば、迷うことなく簡単にメタマスクのアカウント作成方法がわかります。

MetaMask(メタマスク)とは、仮想通貨専用ウォレット(お財布)のことです。

NFTを売買しているユーザーからも、人気の高いウォレットがMetaMask(メタマスク)です。イーサリアムネットワークをはじめ、BSCやアバランチなど複数のブロックチェーンに対応しています。

全世界で1000万人を超えるユーザーが使用しているウォレットです。

世界最大級のNFTマーケットプレイス「OpenSea」と連携するとNFTの売買が可能になり、NFTゲームや仮想通貨の取引にも使えます。

仮想通貨やNFTの取引をするなら、複数のブロックチェーンに対応しているメタマスクを利用するのがおすすめです。

ナルカミ
ナルカミ

仮想通貨やNFTを売買しているほとんどの人が使ってるよ。

メタマスクは日本でも多くの方が利用しているため、わからないことがあっても検索すれば情報が出てきます。

メタマスクの登録・利用料は無料です!

MetaMask(メタマスク)作成方法

それでは、PCでメタマスクを作成する方法を解説していきます。

スマホアプリ版もありますが、PC版でインストールする方法を解説していきます。
※スマホはセキュリティが脆弱のためおすすめしません

では、Google Chromeでみていきましょう。

Google Chromeを普段使っていないという方は、先にこちらから
ダウンロード・設定をお願いします。
↓  ↓  ↓
Google Chrome

① MetaMask(メタマスク)の公式サイトへ

それではMetaMaskの公式サイトへいき、はじめていきましょう
https://metamask.io (このURLが公式サイトです)

MetaMaskは、Googleの広告枠で偽サイトが上位表示される場合があるので、必ず上記サイトから行くか「metamask.io」と入力して、サイトにいきましょう。

ナルカミ
ナルカミ

必ず、URLを確認してね

MetaMaskをひらいたら、「Download」ボタンをクリックします。

② MetaMaskをインストールしましょう

つづけて「Install MetaMask for Chrome」をクリックします。

次に「Chromeに追加」をクリックします。

さらに、「MetaMask」を追加しますか?と表示されますので「拡張機能を追加」をクリック。

これで、MetaMaskのインストールされました。

③ パスワードを設定していきましょう

つづいてパスワードを設定しましょう。

はじめに」をクリック。

この画面がひらいたら、「ウォレットを作成」をクリック。

つづけて 「同意する」をクリック。

パスワードの入力し利用規約にチェックをいれたら「作成」ボタンををクリック。

次へ」をクリック。

④ シードフレーズを確認しましょう

こちらの画面がひらいたら □の箇所をクリックしたら、シードフレーズが表示されます。

でてきた12種類の単語を大切に保管してください。

セキュリティ面からも、紙に書いて保管することを推奨します。

この単語は、絶対に他の人に教えてはいけません!

もし誰かが親切のフリして聞いてきたら、それは100%詐欺です。

どんなにやさしそうな人が聞いてきても、絶対に教えてはいけません!

シードフレーズをメモしたら「次へ」をクリック。

こちらの画面であなたのシードフレーズ通りに単語を選択していきましょう。選択が終わったら、「確認」をクリック。

シードフレーズの確認が終わりました。

すべて完了」をクリック。

この画面になったら、あなたのMetaMask(メタマスク)が作成されました

おつかれさまでした!

コインチェック

メタマスクを作成したら注意すること

メタマスクを作成したら、詐欺に注意しましょう。

X(旧Twitter)の偽企画やDM、PCのGoogle検索で広告に載せている詐欺サイトなど、あらゆることに注意する必要があります。

仮想通貨やNFT界隈では、自己防衛力が必須になってきます。それほど詐欺被害が多いことを認識をしましょう。

下記の一覧は、最低限自分で防衛できる内容になるため、しっかりと注意してください。

  1. シードフレーズや秘密鍵は紙に書いてオフラインで保管する
  2. Googleドライブなどのクラウド上では保管しない
  3. フリーWiFiでメタマスクを使用しない
  4. 怪しげなサイトに接続した後は必ず「Revoke」する
  5. そもそも怪しいサイトには極力メタマスクを接続しない
  6. メタマスクのログインパスワードなどは使い回さない&強度の高いパスワードを設定する
  7. 複数ウォレットで管理する(売買用・保管用)
  8. シードフレーズや秘密鍵は誰に何と言われても絶対に教えない DMやWebサイトは100パーセント詐欺です!

さらに、確実に資産を守るならハードウェアウォレットを推奨します。このウォレットは有料になりますので、よく検討してから購入しましょう。
Ledger Nano S Plus 暗号通貨ハードウェアウォレット

メタマスクのトランザクションが詰まったら?

メタマスクで取引する際、人気のNFTコレクションで早押しmintに参加とき、トランザクションが詰まるケースがあります。

その場合の解決策として、メタマスクのアカウントをリセットする方法があります。

くわしく知りたい方は、「メタマスクのアカウントをリセットする方法」をご覧ください。

あわせて読みたい記事

コインチェック で口座開設する

タイトルとURLをコピーしました