仮想通貨BTC(ビットコイン)の稼ぎ方|使う際の注意点も解説!

仮想通貨
本ページはプロモーションが含まれています
Kiyoshi

ブロガー&ライター
投資歴9年
(国内株式 / 米国株式 / 投資信託 / BTC / DOGE / JUP / SOL / NINJAINU / CHICHI )
2022年よりつみたてNISA・ビットコインを積立運用中
FP3級|金融メディアで継続執筆経験有(仮想通貨 / NFT / メタバース / ネット証券)
金融特化ライターマスター講座受講済
初心者の方に向けて仮想通貨などの情報をわかりやすく発信。

Kiyoshiをフォローする

「BTC(ビットコイン)って稼げるの?」
「具体的な稼ぎ方を知りたい」

このようにお悩みの方もいらっしゃるでしょう。最近BTC(ビットコイン)がニュースに取り上げられることもありますが、具体的な稼ぎ方を理解している方はほとんどいないのが現状です。

そこで本記事では、BTC(ビットコイン)の稼ぎ方がよくわからない方に向けてわかりやすく解説します。BTC(ビットコイン)の稼ぎ方が気になっている方は、ぜひ最後までご覧ください。

また、今なら国内取引所の口座開設をするだけで、BTC(ビットコイン)が無料でもらえるキャンペーンもあります。まだ利用していない国内取引所がある方は、お得なこの機会に今すぐ口座開設しておきましょう。

国内取引所達成条件特典報酬
みんなの銀行口座開設紹介コード入力で現金1,000
紹介コード:yqKatFFV
SBIVCトレード
※数に限りがありますのでご了承ください
口座開設紹介コード入力で現金1,000円
紹介コード入力:u8qt2
BITPOINT口座開設1,500円相当BTC
bitFlyer口座開設招待コード入力で1,500円相当BTC
紹介コード入力:wcyviz3f
BitTrade口座開設最大2,000円相当BTC
OKコインジャパン口座開設&入金(入庫)1,000円相当BTC

ビットコインとは?

BTC(ビットコイン)はブロックチェーン基盤としたデジタル通貨です。

中央銀行などが管理する通常の紙幣とは異なり、ブロックチェーン上で管理されています。そのため、管理者は存在しない分散型取引が特徴です。

具体的な例として、BTC(ビットコイン)を使ってオンラインショップの買い物で決済に使えたり、個人に直接送金したりできます。

ただし、価格が不安定なので投機的な取引には注意が必要です。そのためリスクもあるので、よく勉強してから始めることが大切です。また、未成年者の場合は保護者の管理のもと実施するのがよいでしょう。

BTC(ビットコイン)の稼ぎ方

BTC(ビットコイン)の稼ぎ方を解説します。

稼ぎ方には3つの方法があり、具体的に稼ぐ方法は以下のとおりです。

BTC(ビットコイン)の稼ぎ方
  1. マイニング (採掘)
  2. 国内取引所で購入する
  3. BTC(ビットコイン)で報酬を受け取る

マイニング (採掘

マイニング (採掘)とは、コンピューターを使って仮想通貨の取引に必要な難しい計算処理をし、協力することで報酬を仮想通貨で得ることです。

むずかしい計算処理を行い、報酬としてBTC(ビットコイン)がもらえる一方で、特別な機械が必要な上に電気代もかかるため、個人で始めるのは難しいでしょう。

しかし2024年6月現在、報酬は3.125BTC(約3,000万円)と高額になるため、BTC(ビットコイン)を稼ぎたい方には魅力的です。

国内取引所で購入する

次にお小遣いなどを使って、国内取引所でBTC(ビットコイン)を購入して売買する方法です。安い価格で購入し、価格が上がったら売って利益を得る方法です。

ただし、値段が下がるリスクもあるため取引の際は注意しましょう

BTC(ビットコイン)取引をする際に、最適な国内取引所でおすすめはGMOコインBITPOINTです。

この2社は、各種手数料が無料のため仮想通貨取引初心者は取引コストを抑えられます。

詳しく知りたい方は「GMOコインの始め方」「BITPOINT(ビットポイント)の紹介コード」をご覧ください。

BTC(ビットコイン)で報酬を受け取る

3つ目は、自分の商品やサービスの代金をBTC(ビットコイン)で受け取ることも可能です。

例えば自社商品を販売したり、仕事の対価として報酬をビットコインでもらったりします。BTC(ビットコイン)はBTC専用のウォレットアドレスさえあれば、誰でも簡単に送金・受取ができ、数分から数十分で送金は反映されます

銀行を介さず送金できるため、今後の新しい送金方法として期待できるでしょう。

BTC(ビットコイン)を使う際の注意点について

BTC(ビットコイン)を使う際の注意点について、詳しく解説します。

  1. 価格変動のリスク
    BTC(ビットコイン)の価値は大きく上下します。今日1万円分買ったものが、明日には8千円分になっているかもしれません。逆に、1万2千円分になっていることもあります。このような価格変動リスクも考慮しておきましょう。
  2. セキュリティ
    BTC(ビットコイン)は電子的な財産のため、ハッキングの標的になります。自分のBTC(ビットコイン)を安全に保管するために、セキュリティの高いウォレットを使うことが大切です。ウォレットをインストールしているPCと普段使いのPCを使い分けたり、外部ウォレットの使用も検討してみてください。
  3. 取引の不可逆性
    一度送金したBTC(ビットコイン)は取り消せません。送金先のアドレスを間違えると、取り戻すのが難しいので、送金時は細心の注意が必要です。銀行などの管理者が存在しないため、すべて自己責任になります。
  4. 法的規制
    国によってBTC(ビットコイン)の扱いが異なり、日本では個人が仮想通貨の売買をすることに関しての規則はありません。しかし販売者(販売所・取引所など)に対しての規制はあるので、それらを守る必要があります。
  5. 詐欺やスキャムに注意
    BTC(ビットコイン)で簡単に儲かるという怪しい話には要注意です。信頼できない人の提案は避けましょう。
  6. 税金
    BTC(ビットコイン)で利益を得た場合、申告をして税金を払います。
  7. 知識不足のリスク
    BTC(ビットコイン)は複雑な仕組みのため、十分な知識がないまま使うと、思わぬ損失を被る可能性があります。

これらの点に注意しながら、少しずつ学んでいくことが大切です。

仮想通貨取引で稼いでみよう

もし個人が仮想通貨の売買で稼ごうとするなら、取引コストのかからない国内取引所を利用することで初期コストを抑えられます

最初は少額から取引を始めて、仮想通貨の売買に慣れていくようにしましょう。

その際、お得な口座開設キャンペーンを利用し、無料で仮想通貨をもらって運用するのがおすすめです。

これから仮想通貨取引を始める方は「無料で仮想通貨・現金がもらえるキャンペーン」をご覧ください。お得な情報を紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました