【保存版】Braveブラウザとは?特徴や概要を徹底解説!

brave仮想通貨

Braveブラウザってなんだろう?

興味あるんだけど、くわしく解説してほしいな。

ナルカミ
ナルカミ

Braveブラウザについてくわしく解説していくよ。

結論、Braveブラウザは仮想通貨が稼げる次世代高速ブラウザです

無料でダウンロードして始めたら、きっとWebサイトの閲覧が快適になるはず

この記事を読んでもらったら、Braveブラウザの疑問がすべて解決できます

ぜひ、最後まで読んでください。

この記事で解決できること

BraveのダウンロードもbitFlyeの登録もすべて無料

稼いだ仮想通貨BATを送金するには、bitFlyerとの連携が必須です
※他の取引所は送金できません。

【無料】bitFlyerで口座開設する

まずは無料ではじめてみよう!

bitFlyer

クロコモ

国内最大仮想通貨ラボICLα-standard所属
NFTクリエイター兼NFTブロガー
NFT投資歴1年以上
NFT含み益450万円以上
保有NFT:CNP,APP,LLAC(御三家)他50体以上保有
ビットコイン,イーサリアム50万円以上積立運用
個で稼ぐ力をつけて自由な生き方ができる人をふやしたい
初心者の方に向けて仮想通貨やNFTの情報をわかりやすく発信。

クロコモをフォローする

Braveブラウザの概要

Braveブラウザの概要を紹介していきます。

Braveについて

Braveブラウザの本社は、Brave Software社でアメリカのサンフランシスコにあります。

くわしい概要は、下記の通りです。

開発元Brave Software社
共同創設者Brendan Eich(ブレンダン・アイク)
サービス開始2016年
サービス国アメリカ
利用者数5,000万人超
利用料金無料
言語160カ国に対応
公式ホームページBrave Browser
公式TwitterBrave Software

Braveブラウザ​の共同創設者は?

Brendan Eich(ブレンダン・アイク)さん、Firefoxに携わりJavascriptを開発した人 です。

仮想通貨BATとは

仮想通貨BATとは
BAT(ベーシックアテンショントークン)は、イーサリアムブロックチェーン上で発行されたトークンです。Webブラウザを使った、新たなWeb広告プラットフォームにおいての支払通貨や報酬として使われます。

Braveが管理・配信する広告をみることでユーザーがBATを獲得できるという仕組みです。獲得したBATは、Webコンテンツクリエイターに投げ銭できるようになっています。

BATの取扱い取引所5つ

Braveから送金できるのはbitFlyerのみ

【無料】bitFlyerで口座開設する

bitFlyer

仮想通貨BATの今後は

仮想通貨BATは、以前価格が下がった時期もあります。

仮想通貨BATが下がった理由

  1. 米国経済が大幅な停滞をして、投資資金が減ったため
  2. 仮想通貨市場からも投資資金が減っていき停滞していた
  3. 時価総額No1のビットコインが大幅な下落をしたため
  4. すべての仮想通貨銘柄が大暴落になり余波がBATにも影響した

結論、BATだけではなく仮想通貨全般に下がっている現状だった。

仮想通貨BATの価格推移

出典元:CoinmMarketCap

今後、米国市場がプラスに転換すれば、仮想通貨にも資金が流入してくれば価格も上がってくるはず。

その前に、コツコツと仮想通貨BATを貯めていきましょう。

仮想通貨BATの価格

【無料】bitFlyerで口座開設する

bitFlyer

Braveブラウザの特徴

Brave

Braveブラウザのの特徴や機能について紹介していきます。

Braveブラウザは、とてもユーザーファーストの機能を備えていますので、今後はますます需要が増えていきそうです。

Brave Shields(ブレイブ・シールド)

WebブラウザBraveは、Brave Shileds機能によってほとんどの広告をブロックできます。インターネットを閲覧しているBraveユーザーを保護します。

  • ほとんどの広告とそれに付随するトラッカーをブロックします。
  • 実際に訪問したサイト以外のクッキーを捨てます。
  • クッキーを使用せずにブラウザを追跡、認識することを難しくします。
  • Webサイトがサポートしている場合は、安全なサポート方法を使います。
  • 例えばあなたのコンピュータを使って暗号通貨を採掘しようとするサイトなどで、悪意のあるコードや悪意のあるサイトをブロックします。
引用元:Brave|Help Center

よって、Webサイトを閲覧するときのストレスがなくなるでしょう。

>>Brave Shieldsとは?

Brave Rewards(ブレイブ・リワーズ)

出典元:Brave Rewards

ユーザーが、報酬を獲得したり獲得できた報酬を寄付できる機能です。Brave Rewards機能をオンにすることで利用できます。

投げ銭の対象は、コンテンツクリエイターです。コンテンツクリエイターになれるのは、Webサイトを運営やブログ運営、YouTube動画を投稿していたりする人が対象になります。

報酬を得るには、前もってBraveにコンテンツクリエイターとして登録しておく必要があります。また、Braveが管理する広告を観ることで報酬を獲得できます

Brave Ads(ブレイブ・アド)

基本的に、Brave Rewardsにおいてユーザーが報酬を稼げる条件としては、Brave Ads(Brave広告)を閲覧した時です。

Brave広告が、一般的なWeb広告と異なる点は下記の3点です。

  • 広告を表示するには事前にユーザーの許可が必要
  • デバイス上に通知がある
  • 広告を表示する対価として報酬を受け取る

一般のWeb広告の場合、Webサイトを閲覧する時に勝手に広告が表示されますがBrave広告は、ユーザーが閲覧の許可を行わない限り表示されることはありません。

一般のWeb広告は、Webサイトに広告を表t;示するスペースがありWebサイト上に広告が表示されます。一方でBraveは、ユーザーが使っているデバイスに通知が入り、その通知をクリックすると広告が表示されます。

一般の広告と異なるところは、Brave広告を表示するとユーザーに報酬が支払われる仕組みで、広告費総額の70%に及びます。

自分の閲覧したい広告だけをネットサーフィンするだけで、仮想通貨BATが稼げるのはとてもありがたいですね。

Braveブラウザは、次世代高速ブラウザ

Shields機能によって広告やトラッカーをブロックするため、Webサイトの表示速度が高速です。最大約8倍の表示スピードです。

サクサク表示されるため、ストレスなく利用できます。

主な機能

拡張機能
Braveブラウザでも、Google Chromeの拡張機能を追加できます。

ブラウザの乗り換えが容易
Braveをデフォルトのブラウザとして利用する場合、ブックマークやお気に入りを移行できます。新たにブックマークをやり直す必要がありません。

対応端末が多い
Braveはさまざまな端末に対応しています。具体的には、WindowsやMac、Linux、Android、ioSです。どのOSのデバイスからでもアクセスでき、利用端末を選びません。

>>Brave公式help Centerをみてみる

Brave Sync(ブレイブ・シンク)で複数端末を同期可能
Brave Sync機能を利用すると、複数端末でBraveを同期できます。閲覧履歴や設定情報などを共有できるため非常に便利です。2020年11月現在は、WindowsとAndroidで同期が可能です。

Braveブラウザ プライベートウィンドウ
Braveでは、2種類のプライベートウィンドウ機能を利用できます。プライベートウィンドウ機能とは、匿名でWebサイトにアクセスできる機能です。プライベート機能を使用するとサイトの閲覧履歴やCookieのデータが保存されません。

もう1種類のプライベートウィンドウ機能である「Tor経由のプライベートウィンドウ」機能を利用すると、上記に加えてインターネットプロバイダやIPアドレスを秘匿するなど、完全に匿名でWebサイトに接続できます。

Braveブラウザ 通信容量・バッテリー節約
Braveは、一般的なWebブラウザに比べて通信容量とバッテリーを節約できます。

これは、2020年4月にBrave開発チームが発表したものです。

レポートによると、Android版のBraveにおいて、バッテリー消費が5%データ通信量とCPU使用率が3%節約できるとしています。

同期機能
Bravehelp Center

Braveブラウザの安全性・プライバシー

brave

Braveブラウザの安全性・プライバシー
Shields機能によりユーザーを追跡するトラッカーを排除するため、Braveはユーザーのプライバシーに配慮されているといえます。

一般的なWeb広告では、見ているユーザーがどのような属性をもっているかを分析し、そのユーザーに適切な広告を配信しますが、Brave広告ではユーザーの属性を調査することはありません

ブラウザ別の比較表

出典:Brave

Braveは、PCのローカル情報からどのような広告が適切なのかを判断します。ローカルで情報が処理されるため、ユーザーの情報がインターネット上に出ることなく安全に広告を閲覧できます

投げ銭機能

投げ銭機能
Brave Reward機能の一つに、投げ銭機能があります。Brave広告をみて獲得した報酬をおj気に入りのクリエイターのWebサイトに対しチップを贈れるというものです。

BraveのRewardパネルを使って、贈ったりTwiterやReddit、GitHubといったサイトに埋め込まれている投げ銭ボタンを使うことで、コンテンツ制作者に対し直接投げ銭できます。

Braveブラウザのメリット・デメリット

brave

Braveのメリット・デメリットを紹介します。

デメリット

デメリットは、2点あります。

翻訳機能が使いにくい
GoogleChromeをデフォルトで使用していると、翻訳を自動でしてくれたりしますが、Braveにはその機能がありません。

Webサイトが表示崩れしているように見える
広告ブロックに制限が強すぎるためすべてのサイトではないが、バナーの表示がされなかったり、表示崩れがみれます。

このデメリットを考慮しても、広告をブロックしてくれて仮想通貨BATを稼げるのはオススメします。

メリット

メリットは、以下の3点です。

広告をブロックして閲覧が快適
ユーザーが通知オンにした広告のみ表示されるため、広告のストレスがない

Brave公式によると、Chromeよりも3倍のスピードで高速表示されるそう

セキュリティ高く・プライバシーも守られる
理由は、アイルランドの名門、ダブリン大学トリニティ・カレッジで行われた研究でBraveブラウザは、最も安全なブラウザと結論付けられたからです
トリニティ・カレッジのニュース

根拠記事コインポスト

広告を閲覧すると仮想通貨BATが稼げる
Braveブラウザで、広告を閲覧すると仮想通貨BATを稼ぐことができます。

Braveブラウザで稼げる流れ

brave

Braveで稼げる流れを紹介します。

稼げる仕組み

Blaveで稼げる仕組みは、以下の通りです。

  1. YouTubeやサイトの広告をカットする
  2. Brave独自の広告を出すよう設定する
  3. 出た回数によって仮想通貨BATを獲得する
  4. 1ヶ月の報酬がビットフライヤーに送金

稼ぐまでの流れ

Braveで稼ぐまでの流れになります。

  1. Braveをダウンロードする
    Brave公式ページ
  2. Brave Rewordsを有効にする
    Brave Rewardを見てみる
  3. 自動支援をOFFにする
  4. Braveとビットフライヤーを連携する

稼いだ仮想通貨BATを送金するには、bitFlyerが必要です。他の取引所ではできません。

bitFlyerが唯一連携できる取引所です。

【無料】bitFlyerで口座開設する

bitFlyer

BATの換金方法

仮想通貨BATを稼いでから換金方法の流れを紹介します。

  1. Braveブラウザで仮想通貨を稼ぐ
  2. ビットフライヤーと連携させる
  3. 毎月自動でBATを送金される
  4. 価格が上がったところで仮想通貨BATを売却する

※送金できるのはbitFlyerが唯一の取引所

【無料】bitFlyerで口座開設する
bitFlyerの特徴
  • ビットコイン取引量国内No.1
  • 17種類の仮想通貨が取引可能
  • 業界最長7年以上ハッキング被害なし
  • 1円から仮想通貨の積立ができる
  • クレカを利用するとビットコイン付与
  • 楽天市場で買い物をするとビットコイン付与
  • Tポイントをビットコインと交換できる
【無料】bitFlyerで口座開設する

Braveで稼ぐならbitFlyerが必須

2つでセットと認識しましょう。

【無料】bitFlyerで口座開設する

bitFlyer

BraveとbitFlyerの連携動画「YouTube

Braveブラウザで効率よく稼ぐ方法

brave

Braveブラウザの広告を見て、効率よくBraveで稼ぐ方法は下記の通りです。

  1. 広告の表示回数を1時間に10件に設定
  2. 暇なときはBraveNewsを読む
  3. 表示された広告にいいねを押す
  4. Braveのアカウントを最大4つつなげる

BraveブラウザでよくあるQ&A

クエスチョン

ここでは、よくある質問を紹介します。

bitFlyerに連携できるデバイス数は?

bitFlyerに連携できるデバイス数は、最大4つまで連携できます。最大限つなぐことで仮想通貨BATも効率よく稼ぐことができます。

注意点として、一度bitFlyerに接続したデバイスは解除してもリセットされないということは理解しておきましょう。

Braveウォレット

ほぼすべての暗号資産やNFTの購入、送信、管理、スワップ、他のウォレットやWeb3、DAppsとの接続、および暗号資産ポートフォリオ全体の一般的な管理を行うことができるツールです。

Brave Rewardsで獲得したBATは、Braveウォレットに送ることができます

Braveブラウザのまとめ

以上が、Braveブラウザの特徴や概要を紹介しました。

まとめると

  • 危険性は低く安心して利用できる
  • 広告ブロックができ匿名性が守られる
  • 仮想通貨BATを稼ぐことができる

まだまだ知名度もシェア率は低いですが、Braveブラウザの実力Google Chromeとかわらないほど優秀なWebブラウザです。今後、ますます需要が増えていくことはまちがいないでしょう。

一日でも早く快適にWebサイトを閲覧しながら、仮想通貨BATを稼いでいきましょう!

すぐに始める方は、下記からどうぞ。

【無料】bitFlyerで口座開設する

bitFlyer