【超初心者向け】ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)とは!?わかりやすく解説!

aspBlog

ASPって何?

どんなことができるの?

ASPのこと詳しく教えてほしいな。

この記事では、こんな疑問を解決します。
最後まで読んでいただいたら、ASPについてのことが詳しくわかるはずです。

それでは、順番に解説していきます。

国内シェアNo.1 ブログサイト人気No.1レンタルサーバー

クロコモ

国内最大仮想通貨ラボICLα-standard所属
NFTクリエイター兼NFTブロガー
NFT投資歴1年以上
NFT含み益450万円以上
保有NFT:CNP,APP,LLAC(御三家)他50体以上保有
ビットコイン,イーサリアム50万円以上積立運用
個で稼ぐ力をつけて自由な生き方ができる人をふやしたい
初心者の方に向けて仮想通貨やNFTの情報をわかりやすく発信。

クロコモをフォローする

ASPとは

pc

ASPは、Affiliate Service Provider(アフィリエイトサービスプロバイダー)の略称で、広告主とアフィリエイターを仲介する広告代理店です。

ASPの概要

ASPは、商品やサービスを提供する企業とアフィリエイトを実施するウェブサイトやブログ運営側との間で仲介を行い、商品やサービスを紹介するための広告を提供します。

ユーザーがそれらのリンクやバナーをクリックして商品やサービスを購入すると、アフィリエイターは広告報酬を受け取ることができます。

商品やサービスを紹介するサイト運営者にとっては、商品やサービスを紹介するだけでもらえる広告報酬が魅力的です。

アフィリエイト広告は、4つのタイプに分けられます。

  • 成果報酬型:アフィリエイト広告で最も一般的な成果報酬型
    サイトやブログ、動画などからアフィリエイト広告経由でユーザーが商品やサービスに申し込んだ場合、成果条件を満たしていれば報酬が支払われます。
  • クリック型:バナーやリンクなど、商品やサービスへのリンクをユーザーがクリックされると報酬が発生する仕組みのアフィリエイト広告。
  • インプレッション型:ブログなどのメディアに広告が表示された回数に応じて報酬が支払われます。
    単価が安いのが特徴ですが、サイトやブログのアクセス数が多いなら高い宣伝効果があります。
  • 固定報酬型:広告主がアフィリエイターに固定報酬を支払い、期間を決めて広告を掲載してもらう形です。

ASPを利用することで、商品やサービスを紹介するためのリンクやバナーを簡単に取得できるため、商品やサービスの紹介をスムーズに行うことができます。

ASPの種類

ASPは複数あり、各ASPでは取り扱っている広告が異なります。

代表的なASPは以下の通りです。

  • A8.net:日本最大級のASPで審査なしで誰でも登録できます。
    幅広いジャンルで広告が豊富にある
  • アクセストレード:金融ジャンルの広告が多い
    仮想通貨・FX・株式関連が豊富
  • TCS:金融・暮らし・仕事など幅広いジャンルの広告が豊富
国内シェアNo.1 ブログサイト人気No.1レンタルサーバー

ASPの仕組み

pcとメガネ

主な流れとしては、以下の通りです。

  1. 広告主からASPに広告を依頼
  2. ASPが広告を提供➡️アフィリエイターがサイトやブログで紹介できる広告を選択
  3. 掲載した広告からユーザーが広告経由で商品を購入したりサービスに申し込む
  4. 売上の一部からアフィリエイターに報酬が入る

ASP広告を使うメリット・デメリット

部屋

ASP広告を使う上でのメリット・デメリットを紹介します。

ASP広告は、初心者でも使いやすい点が魅力ですがデメリットも理解した上で始めてみましょう。

ASP広告を使うデメリット

ASPのアフィリエイト広告を使う上でのデメリットは以下の通りです。

  • ASP広告の場合は、ASPに仲介料が一部入るため報酬が低くなる
  • きっちりとサイト運営をしていないと提携できない案件がある

ASP広告は、企業が仲介に入るため報酬が低いという点がデメリットとして挙げられます。広告主とメディア運営者が直契約の広告料に比べると報酬が下がってしまいます。

一定の報酬額を超えてきたら、高単価交渉もできるので最初はしっかりと実績をつけていくのが大事ですね。

ASP広告を使うメリット

ASPのアフィリエイト広告を使う上でのメリットは以下の通りです。

  • 費用がかからない
  • 自分のサイトに合った幅広い広告が扱える
  • マーケティングに詳しくなる

ASP広告は、無料で始めることができることが1番初心者にとって参入障壁が低く大きなメリットの一つです。

ASP広告は、取り扱えるジャンルが幅広く雑記ブログから特化ブログまで、さまざまなサイトやブログにマッチした広告があリます。

ASP広告をするということは、サイトやブログに訪問したユーザーにしっかりと商品やサービスを紹介して購入や申し込みをしてもらうためには、セールスライティングが必要になってきます。

しっかりとマーケティングを学ばないと簡単には、広告をクリックはしてくれません。

国内シェアNo.1 ブログサイト人気No.1レンタルサーバー

おすすめのASP7選

pcと椅子

ASPは現在数十社以上運営されていますが、それぞれのASPで取り扱いジャンルが異なります。その中でもおすすめできるASPは、取り扱い数が多いのはもちろんですが運営しているサイトに合った広告を選ぶことがポイントです。

今回は、初心者でも始めやすいASPや特化ブログにおすすめなASPを紹介します。

A8.net(エーハチネット)

エーハチネット
出典:A8.net

日本最大級のASPで、取り扱う広告も豊富で初心者なら登録するべきASPです。

サイトやブログを立ち上げたばかりの初心者でも審査なしで始めることができます。即時案件も豊富にあり、自己アフィリエイトもあるのでこれからアフィリエイトを始める方には、おすすめです。

公式サイト:A8.netを見てみる

自己アフィリエイトとは
セルフバックとも言われ、自分で購入やサービスに申し込むことで報酬がもらえる

アクセストレード

アクセストレード
出典:アクセストレード

A8.netと並んで老舗のASPで、金融系やエンタメジャンルの広告を多数扱っておりセルフバックもできるので、おすすめのASPです。

初心者のサポートも充実していて、初心者向けセミナーや実際に話ができるセミナーも有益です。基本、ウェビナー(オンラインセミナー)で開催されるため参加しやすい環境も整っています。

公式サイト:アクセストレードを見てみる

TCS Affiliate

出典:TCS Affiliate

金融系(クレジットカード・FX・証券)などの広告があります。

こちらも審査制のため、ある程度運営してから申請をするようにしましょう。アクセストレードと同様に金融系に強いASPです。

金融系といえば、TCSとアクセストレードの2強となっています。

公式サイト:TCSを見てみる

Amazon アソシエイト

Amazon のアフィリエイトプログラムで、Amazon の商品を紹介して報酬をもらえます。Amazonアソシエイトは、条件がきびしめで提携申請をしてからAmazonアソシエイトからメールが届きます。

そして、メールが届いた日から90日以内に3件の売上を達成してはじめて提携審査が始まります。正直初心者には、ハードルが高めのアフィリエイトになります。

>>Amazonアソシエイトを見てみる

Commission Junction(コミッション・ジャンクション)

アメリカにのカルフォルニア州に本拠地を置く老舗のASPです。世界中のさまざまな企業が複数の企業が登録し、アフィリエイト広告を出稿しています。

高単価な広告もありますので、興味のある方は登録してみてもいいんではないでしょうか。日本語のサイトも登録可能で、日本からでも海外アフィリエイトに挑戦できます。

公式サイト:Commission Junctionを見てみる

Googleアドセンス

Googleのアフィリエイトプログラムで、Google アドセンス を使用してWebサイト上で広告を表示して報酬をもらいます。タイプ的には、クリック型の広告になります。

審査制となっているため、しっかりとサイトやブログを運営していく方におすすめです。しかし、ある程度運営をしてから申請した方が審査のは通りやすいです。

公式サイト:Googleアドセンスを見てみる

Rakutenアフィリエイト

Rakutenのアフィリエイトプログラムで、Rakuten市場で販売されている商品を紹介して報酬をもらえます。楽天会員登録すれば、誰でも提携できますので初心者にはおすすめです。

商品リンクも簡単に作成できるため、利用しやすいアフィリエイト広告となっています。

公式サイト:Rakutenアフィリエイトを見てみる

これらはあくまでも一例で、アフィリエイトプログラムを提供しているサービスプロバイダはさまざまあります。自分のサイトやブログに合ったASPを選ぶことが大切です。

国内シェアNo.1 ブログサイト人気No.1レンタルサーバー

ASPのアフィリエイト広告を利用する際の注意点

stop

ここでは、ASPのアフィリエイト広告をする際に注意する点を解説します。

  • 自分で広告をクリックして購入・申し込む
  • 広告コードを改変しない
  • 許可なく第三者の画像や動画を掲載しない
  • 未登録サイトやその他の場所に広告を掲載しない

自分で広告をクリックして購入・申し込む

掲載した広告を経由して自分で購入・申し込むことは禁止されています。セルフバックなら問題ないですが、それ以外の場合は自分で利用できないので注意しましょう。

悪質と判断された場合は、提携自体を解除されてしまう可能性があります。

広告コードを改変しない

基本的には広告コードを改変したり一部を使って広告を掲載することは禁止されています。各ASPによって、ガイダンスが違いますので、しっかりと確認するようにしましょう。

クリックされても、正確に成果報酬が発生しない可能性があるので広告コードはそのまま使用するようにしましょう。

許可なく第三者の画像や動画を掲載しない

商品を紹介する際に許可なく第三者の画像や動画を掲載することは著作権侵害にあたりますので、気をつけましょう。

サイトやブログで使用する図解や画像は、Canvaなど無料で利用できるサイトで作成して使用しましょう。

7500万点の素材が無料で30日無料体験してみる

未登録サイトやその他の場所に広告を掲載しない

提携が承認されたアフィリエイト広告は、申請したサイトのみでしか掲載できません。審査で承認されていないサイトなどへの無断掲載は禁止されていますので、注意しましょう。

掲載したいサイトがあるなら、すべてのサイトで提携するようにしましょう。

国内シェアNo.1 ブログサイト人気No.1レンタルサーバー

まとめ:ASPをしっかり理解して広告を掲載しよう

以上、ASPについて紹介しました。

まとめると

  • ASPは、広告主とアフィリエイトを実施するウェブサイトやブログ運営側との間仲介を行い、商品やサービスを紹介するための広告を提供します。
  • 広告主からASPに依頼し、サイトやブログ運営者が広告を選んで掲載しその広告経由でユーザーが商品を購入・申し込みが完了して、成果条件を満たせば報酬が発生する。
  • 初期費用なく始めることができるが、しっかりと運営していないと成果報酬が発生しない。
  • しっかりとASPのガイドラインを理解してアフィリエイト広告を掲載する

初期費用なしで始めることができるので、ASPに登録してみましょう。

これから、ブログを始めてみたい方は下記をご覧ください。

国内シェアNo.1 ブログサイト人気No.1レンタルサーバー